【女子MONEY】フリーター女性のための節約・貯金・収入UPのワザ

矯正したいけどお金ない人必見!貯金ゼロから矯正する方法

矯正したいけどお金ない

「歯列矯正したいけどお金がなくて無理」と矯正を諦めていませんか?

確かに、矯正にはまとまったお金が必要です。

「矯正に100万!?そんなの無理!」と私もずっと思っていました💦

超お金持ちでない限り、そんな大金さらっと用意できないですよね。

でも最初から諦めるのはもったいない!

歯並びが良くなるだけで前向きになるし、大げさに聞こえるかもしれませんが、人生変わります!

そこで本文では、矯正したいけどお金がないという方のために、貯金ゼロから矯正を始めるための方法をご紹介します。

お金の問題で矯正を諦めている方も矯正ができますように!☺️

意外に矯正代が安い可能性がある

思っているよりも矯正代金が安く済む可能性があるって知っていますか?

ネットで調べると、矯正費用として約100万円という情報が多いです。

実際私も、ブラケット代だけで81万円、その他合わせると大体100万円の支払いです。

ただ、これはあくまで私の場合。

矯正料金は、その人の歯並びによって、またその矯正歯科によっても料金が変わるんです。

例えば、部分矯正で済めば費用はぐっと抑えられます。

実際、部分矯正をした友達は30万円しかかかっていないと言っていました。

前歯が1ヶ所曲がっているのが気になっていたので、上の歯だけのブラケットで済んだからです。

期間も6ヶ月と短かったです。

また、ブラケット矯正でも透明にするか、銀色にするかでも値段は変わります。

私は矯正を始める前に3ヶ所歯科医をまわりましたが、同じ矯正内容でも、料金の差は7万円もありました。

また、ブラケット以外の矯正、マウスピース矯正で料金を抑えられることもあります。

(出っ歯の私はマウスピースはできませんでした💦)

Nami

まずは、最寄りの矯正歯科をチェックしてみましょう

相談は無料のところも多いですし、矯正を諦める前に料金を確認してください。

意外に安くできるかもしれません😃

デンタルローンを組めば今すぐ矯正を始めることも可能

矯正代をすぐに払えない場合は、デンタルローンを組むことを視野に入れましょう。

銀行などが扱っているデンタルローンを使うことによって、矯正の支払いを分割で払うことができます。

矯正歯科が提携しているデンタルローン会社がある場合もありますし、そうでない場合はローン会社に直接申し込む形になります。

私は現金で払ったのですが、ローンで支払う人も多いです。

ツイッターを見ただけでも、いろんな方がデンタルローンで矯正をしていることが分かりました。

また、矯正歯科によってはローンを組まずに分割で支払えるという場合もあります。

実際私の通っている歯科では、分割払いも選べました。

具体的にはこんな感じ👇

最初に装置をつけるときに40万円+消費税。残りは1年以内に一括、もしくは分割で支払う

私は矯正のためにお金を貯めたので一括で払いましたが、分割は利子がかからないのがありがたいですね!

料金の支払い方法はその矯正歯科によって変わるので、矯正相談に行くときに確認すると良いでしょう。

ローンがダメなら貯金を頑張る

貯金

もしもローンが組めなかった場合(落とされることもあります)は、貯金を頑張りましょう!

もし毎月3万円貯めることができれば、3年弱で100万円貯めることができます。

ボーナスをもらっていたり、臨時収入があるならば、もっと短い期間で貯められるでしょう。

私はフリーターでしたが、81万円貯金することができました。

今まで貯金できないタイプだった私でも、矯正という目標ができたら貯金できるようになりました💮

低収入だった私でも貯められたので、あなたも貯められるはず!

ちなみに私が試した方法は、節約を極めることと収入を増やすこと。

お金の貯め方は、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

【歯列矯正のお金を貯める】貯金を劇的に増やすための3つの手順

学生の方はこちらの記事もどうぞ。

矯正 大学生 バイト【大学生バイト代だけで矯正始める方法】親に頼らず自分で稼ぐ!!

お金を貯めれば、念願の矯正生活が始められますよ!

お金の問題で矯正諦めないで!

お金がないから矯正ができないと悩んでいるあなたも、諦めないでください。

悩んでいるなら、まずは矯正歯科に相談に行ってみることをオススメします。

相談なら無料のところも多いです。

悩む前に相談!☺️

大人の矯正は時間がかかるので、悩んでいる時間がもったいないです💦

一歩踏み出すだけで、あなたの矯正の夢に近づきますよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です